IMUFAKAT TV

イムファカットがお送りする玩具系の何かしらです。

66アクションダッシュ「ロックマン」レビュー(ロックマン・X・エグゼ)

そろそろ冒頭のあいさつのネタが尽きてきたイムファです。(早い

 

今回は、カットからの情報でサクッと手に入れることのできた「66アクション」シリーズの「ロックマン」を買ったのでレビューします。

66アクションダッシュ「ロックマン

「66アクション」シリーズは、仮面ライダードラゴンボールなどでもシリーズ化されているもので、「全高66mm」のサイズでありながら、手・首・足などの全身約14箇所の関節が従来のフィギュア同様可動する、小さなフィギュアとして注目されている商品です。

 

前置きはこのくらいにして、まずは箱から。

f:id:imufakat:20170423213221j:plain f:id:imufakat:20170423082711j:plain

表面は、ファミコン世代には懐かしい初代ロックマンが特徴。

裏面はラインナップ紹介。

初代ロックマンから、PSで人気のあったロックマンDASHまでの、4体が収録されているようです。

どの箱に何が入っているかは、箱の上面に記載されています。

 

今回は、個人的に欲しかった3箱を購入しました。

 

ロックマン(初代ロックマン

f:id:imufakat:20170423082654j:plain

開封時は、頭パーツなどがバラバラに梱包されています。

箱の中には、

が入っています。

 

手首パーツが少なく感じますが、元々簡易的なフィギュアなので、ポージングさせる上では特に問題ないかなと。

 

可動域

f:id:imufakat:20170423082658j:plain f:id:imufakat:20170423082657j:plain

初代ロックマンでしか可動確認の写真は撮っていませんが、各関節の可動域はこんな感じです。

足は背面までぴったりくっつくほど大きく稼働します。

基本的にボールジョイントで組まれているので、各関節は割と大きく動きますし、程よく保持もするので安定してます。

 

ポージング

初代ロックマンといえばこのポージング。顔がめっちゃ怒り顔です。

f:id:imufakat:20170423082659j:plain

 

左手の交換用パーツは、開き手になっておりちょっと使い方は難しいですが、主な用途としては、ショット時の添え手として使います。

f:id:imufakat:20170423082700j:plain

ショットの構えをつけるときは、腕がそこまで内側に入らないので、途中でパーツがぽろりすることが度々ありました。

写真の位置が割と限界かもです。

しかし、初代ロックマンの特徴的な3〜4頭身が、程よい安定感を生んでて懐かしさを感じます。

 

ロックマンX

f:id:imufakat:20170423082655j:plain

次は、主にスーパーファミコン・プレステで大活躍した「ロックマンX(エックス)」です。

カットのお気に入りの一つ。

箱の中身は、

  • ロックマンX本体
  • 交換用手首パーツ(左手/開き)
  • ダッシュエフェクト

が入っていました。

 

ポージング

f:id:imufakat:20170423082702j:plain

Xは、初代と違い頭身がグンと伸びており、機械的なアーマーも特徴的なキャラの一人です。

個人的にも思い入れの強いキャラの一人なので、このプロポーションは納得の出来です。

素立ちでこのカッコ良さだもん。

 

f:id:imufakat:20170423082704j:plain

続いてショットのポージングはこんな感じ。

初代とはあえて角度を変えてみましたが、添え手がいい感じです。

 

f:id:imufakat:20170423213223j:plain

そして、Xといえば「ダッシュ」アクションが特徴的ですが、Xの箱に付属していたダッシュエフェクトを使うとそれも再現可能。

 

うーん、個人的にはなんか微妙かなぁ。。。と思っちゃいます。

(ちなみに最初はダッシュエフェクトだと知らず、ショットエフェクトと思い込んでて、それ用の写真を撮ってました... orz)

f:id:imufakat:20170423082703j:plain(どおりでなんかチープだと思ってた...)

 

ともあれ、Xはカッコイイですね。最高です。

 

ロックマンエグゼ

f:id:imufakat:20170423082656j:plain

お待たせしました。ロックマンエグゼ

といっても、個人的に一番よく遊んだ作品なので特別思い入れも強いだけですが!笑

中身は、

と、少し多めのラインナップ。

 

ポージング

f:id:imufakat:20170423082705j:plain

エグゼは、主にゲームボーイアドバンス時代に活躍したキャラで、従来のロックマンと違い電脳世界の中のアバターという設定でした。

エグゼは、今までのロックマンのイメージを継承しつつも、よりスタイリッシュな見た目で一見ひょろっとしてて弱そうですが、武器や換装でものすごいポテンシャルを秘めているキャラでした。

(思い入れが強い分、説明も濃い...笑)

 

そしてこの細身では自立が安定しないためと考慮されてか、専用の台座がついてます。

f:id:imufakat:20170423082706j:plain

確かに、大きく足を開くポージングなんかは、ちょっと自立が難しいです。

しかもこの台座、優秀なことに右手用の武器パーツを収納するのにも活用できます。

f:id:imufakat:20170423082710j:plain

 

そして他のロックマン同様、左手添えのショットポージングはこんな感じ。

f:id:imufakat:20170423082707j:plain

なかなか凛々しい顔です。やっぱエグゼカッコイイわww

 

さらにさらにエグゼといえば「チップ」を使った戦闘スタイル。

その象徴的とも言える姿がこちらの「ソード」を装備したスタイルです。

f:id:imufakat:20170423082708j:plain

はい、もう素敵すぎ。

やっぱりぼくのいち押しキャラは、このエグゼですね笑

 

新旧ロックマン

そしてファンにはお待ちかねの新旧ロックマン(ロックはいませんw)によるスーパーショット!

f:id:imufakat:20170423082709j:plain

素撮りが申し訳ないくらい、この並びは素敵すぎる!

今度余裕があれば、背景付きで、一眼カメラなどで撮影したものを載っけたいです。

 

というわけで、ササッと紹介しました66アクションダッシュ「ロックマン」でしたが、これは本当にいい出来です!

僕も情報を教えてもらわなければ買いそびれるとこでした。

 

気になる方は、とりあえずお気に入りの1体だけでもいいので購入することを強くオススメします!

この商品は間違いなくすぐに品切れすること必至です。

 


66アクションダッシュ ロックマン 10個入 食玩・ガム(ロックマン)