IMUFAKAT TV

イムファカットがお送りする玩具系の何かしらです。

食玩ミニプラキュータマ合体シリーズ02「キュウレンオー」レビュー

公開がかなり遅くなってしまいましたが、ようやく日の目を浴びることができました。

イムファカットの叡智と混沌側のイムファです。

 

前回、ミニプラキュウレンオーの01をレビューしましたが、今回は待望の02です!

 ちなみに前回分を見たい方はこちらから。↓↓

imufakat.hatenablog.com

 

 

さてそれでは、早速キュウレンオー、いきます!

ミニプラキュウレンオー2

f:id:imufakat:20170422122651j:plain

f:id:imufakat:20170422122652j:plain

セット01に引き続きキュウレンジャーの各ボイジャーがそれぞれ入っています。

そして今回僕が購入したのは、サソリボイジャーからオオワシボイジャーまで入っている3〜6です。

1,2は、01と同様のシシボイジャーが入っており、キュータマのデザインが若干違うようです。キュウレンオーを2体並べたい方は全セット買うことをオススメします。

 

それでは箱の中身を。

f:id:imufakat:20170422122653j:plain

今回もみっちり入ってます。

ちなみに、僕は中に入っているラムネが割と好きですw

 

それでは組み立てます!!

 

サソリボイジャー

f:id:imufakat:20170422122654j:plain

中身のランナー・シールはこんな感じ。

今回の02セットは、01に比べてシールが多めです。

 

今回も「素組み」でやっていきたいと思います。

さらに、組立途中はざっくり割愛し、組立方やシールなどの間違いやすい箇所をピックアップしておきます。

f:id:imufakat:20170422122655j:plain

尻尾のアームの部分、向きを間違えがちですが、ヒレの向きを参考にこんな感じで。

 

f:id:imufakat:20170422122656j:plain

青のシールの貼り付け位置ですが、青のボールジョイントを囲むような付け方です。
説明書ではわかりにくかったので念のため。

 

f:id:imufakat:20170422122657j:plain

目?の部分の黒シールの向きも注意が必要。写真で見て上の方が三角が太いほうになります。伝わるかな。。。笑

 

ででーん。完成!サソリボイジャー

f:id:imufakat:20170422122658j:plain

横にあるのは拡張用のパーツです。

 

テンビンボイジャー

f:id:imufakat:20170422122659j:plain

中身はこんな感じ。人型の形態になるだけあって、細かなパーツが多いです。
あと、これって金色というよりは、、、

 

はいできたー!特に注意する点もなく、サクッとできました。

テンビンボイジャー

f:id:imufakat:20170422122700j:plain

ボイジャー内では珍しい、人型のボイジャーです。

各関節をぐいぐいと動かせるのは大変優秀ですが、そこまでガッチリと固定されていないので、腕とか特に割と取れやすいです。

両腕のテンビンシールドが何ともカッコイイ。

 

そしてこれが、テンビンモード(?)

f:id:imufakat:20170422122701j:plain

ま、これはディスプレイ用のモードとしてはありかな。

 

ヘビツカイボイジャー

f:id:imufakat:20170422122702j:plain

ランナー・シールはこんな感じ。テンビンボイジャー同様、こちらも中身多めです。

 

はい完成!ヘビツカイボイジャー

f:id:imufakat:20170422122703j:plain

こちらもテンビンボイジャーと同じく人型ロボ。

全体の配色が違うのと、頭部が蛇のモチーフになってます。

さらに両腕にも蛇の頭部を模した武器?のようなものを装備。

 

その武器を2つくっつけて完成する形態がこちら。

f:id:imufakat:20170422122704j:plain

ヘビ(?)モード!

ヘビツカイなのにヘビになるとは、これいかに。。

しかし、足が下顎と牙の役割を果たして、ヘビの造形をうまく表現しています。

個人的にはこれは好き。

 

オオワシボイジャー

f:id:imufakat:20170422122705j:plain

中身はこんな感じ。他のボイジャーに比べて大きめなパーツが目立ちます。

 

頭部側面のシール、個人的にちょっと迷いました。正しくはこの位置。

f:id:imufakat:20170422122706j:plain

 

そして完成!オオワシボイジャー

羽がランナーだけで色分けされているので、造形・作りがとてもにしっかりしてます。

f:id:imufakat:20170422122709j:plain

サソリボイジャー同様、拡張パーツもあります。

 

今回シシボイジャーは購入しませんでしたが、他の4体のボイジャーが出揃いました!

f:id:imufakat:20170422122710j:plain

うん、人型の存在感やばいww

全部組み立てるのにかかった時間は、正確には計ってないけど、2時間近くかかった気がします。シールが多いと時間のかかり方が違いますね。

 

それでは早速合体!キュウレンオー!

f:id:imufakat:20170422122711j:plain

ボイジャーが変わるだけで、見た目がガラッと変わりますね。

特に足回りの正面の見た目が素敵。(横から見ると...)

個人的には、オオワシボイジャーの使われ方が納得いってないですが、いつかは背面ウィングとして活用されてほしい。。。

 

そして、今回のキュウレンオーもこのままの状態だと各関節があまり十分には動かせませんので、サソリボイジャーオオワシボイジャーに附属している拡張パーツを使います。

f:id:imufakat:20170422122712j:plain f:id:imufakat:20170422122713j:plain

これをつけることで、肘関節ができます。

 

さらに、テンビンボイジャー・ヘビツカイボイジャーにもボールジョイントが隠されているので、展開します。

f:id:imufakat:20170422122714j:plain

(写真はヘビツカイボイジャーのみ)

 

これらを展開し、再度合体させるとこんな感じ!

f:id:imufakat:20170422122715j:plain

わかりにくいので、1枚目と比較

f:id:imufakat:20170422122711j:plain f:id:imufakat:20170422122715j:plain

← Before After→

わかるかな?笑

ひじに長さが出ており、足も接地性が増してます。足首関節ができたおかげですね。

ぐいぐいと動かした写真は残念ながらないですが、これでかなり可動します。

 

 

9体のボイジャー集結

そして、今回で9体のボイジャーが出揃ったので、一気にご紹介。

f:id:imufakat:20170422122717j:plain

うーん、さすがに9体もいると迫力が違いますね。

シシボイジャーの存在感と、ゴールド・シルバーのアウェイ感がいいです笑

 

ついでなので、各キュータマも並べてみました。

f:id:imufakat:20170422122716j:plain

こうやって並べると、ゴールド・シルバーは一応他の色と違いが出るような配色になっているので、うまいですね。

そしてキレイ。こういう状態でディスプレイするのもありかもです。(残ったボイジャーはどうするかはわからないですが、、、)

 

てなわけで、食玩ミニプラキュータマ合体シリーズ02「キュウレンオー」レビューでした。

01に比べて02は比較的、店頭に残っているのを未だに目にしますので、気になった方は購入してみてください。

こんなに買えないって人でも、とりあえずテンビンボイジャー・ヘビツカイボイジャーだけでも買っておくのをオススメします!

人型なので、プレイバリューはあります。

 

imufakat.hatenablog.com

 


宇宙戦隊キュウレンジャー 食玩 ミニプラ キュータマ合体シリーズ02 キュウレンオー2 全6種セット【フルコンプ】


食玩 宇宙戦隊キュウレンジャー ミニプラ キュータマ合体シリーズ01 キュウレンオー全6種セット【フルコンプ】